抜く場合、抜かない場合の両方について解説するサイト

親知らずを放置するとどうなるか

他の歯に悪影響がある

親知らずを抜かなくてはいけない場合、たいていは横向きに生えてきます。横に生えた親知らずが隣の歯を押すことで歯並びに悪影響を与えてしまいます。親知らずが隣の歯を押すことで、歯並びだけでなく根っこが溶かされてしまう可能性もあります。そうなってしまうと、親知らずの抜歯だけでなく他の歯も治療する必要があります。
また、前述した通り親知らずが正常な生え方をしていな場合、その部分に汚れがたまりりやすくなります。それが原因となり、親知らずや隣の歯まで虫歯や歯周病などが発症してしまう可能性があるのです。
このように、正常な生え方をしていない親知らずは、親知らず自身だけでなく隣の歯にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

口内に様々な影響が出る

親知らずとその隣の歯の間には食べかすなどの汚れがたまりやすくなります。それが原因となり、虫歯になることがありますが、下顎智歯歯周炎となることもあります。
下顎智歯歯周炎とは、親知らずの隙間に汚れが溜まり、腐敗することが原因で起こる歯肉などの炎症のことをいいます。親知らずの隙間には汚れが溜まりやすく、汚れを奥へ奥へと押しこむ形になるため、取り除くことは容易ではありません。
また、汚れが溜まりやすくなるため、口臭の原因にもなります。最近はマスクを着けることが当たり前となっているため、人に口臭がバレにくいとはいえ、衛生上望ましくありません。
とはいえ、奥まで押し込まれた汚れは歯磨きなどで取り除くことは困難です。そのため、親知らずが悪影響を及ぼす前に抜くべきなのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る