抜く場合、抜かない場合の両方について解説するサイト

温存すべきケース

親知らずが正常に機能している場合

親知らずは他の歯に悪影響を及ぼす可能性がありますが、歯であることに変わりありません。そのため、歯としての機能があり、なおかつ生え方や歯並びなどに特に影響がないのなら抜かずに様子をみるというケースがあるようです。
前述したとおり親知らずを抜く理由は、放っておくと歯並びや口内の衛生に問題が出てしまうためです。逆に言えば正常に生えており、歯として機能するのならそのまま放置して問題ないわけです。
親知らずを抜かないで置いた場合、親知らずの状態が良ければ他の歯を抜いたときの移植用として利用できるかもしれません。万が一の保険として残しておくと将来的に助かった、と思えるかもしれません。とはいえ、今は平気でも将来的に親知らずが悪い生え方になるかもしれません。その時は大人しく抜きましょう。

抜いたら危険な場合

親知らずは生え方によって抜くと危険な場合があります。
下顎には下顎管という神経があります。これは下顎の知覚を司っています。また、親知らずが横を向いて生えていると下顎管との距離が非常に近くなります。そのため、親知らずを抜歯すると下顎管を傷つける可能性があるのです。また、下歯槽動脈を傷つけてしまうこともあります。このように、抜いた場合のリスクが高いと判断した場合、抜かないでおくことがあります。
しかし、CTスキャンなどで親知らずが下顎管と接触しているしていることがわかった場合は放っておくと危険です。このような場合は抜歯を行います。ただし、このように危険な状態では、安全に抜歯するために大学病院や総合病院の口腔外科で行うことになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る