抜く場合、抜かない場合の両方について解説するサイト

なぜ親知らずに悩まされるのか

痛みや腫れがある場合

虫歯や歯周病になり、痛みや腫れで悩まされた経験がある方もいると思います。親知らずも歯である以上、虫歯や歯周病になる可能性があります。さらに言うと、親知らずは一番奥にあるため、ほかの歯よりも虫歯や歯周病になる可能性は高いです。
逆に言うと、抜歯することで虫歯や歯周病のリスクが下がるとも言えます。特に親知らずが横や斜めに生えてしまった場合、その部分に汚れが溜まりやすくなります。また、親知らずの生え方によっては虫歯の治療を妨げてしまうことがあります。
親知らずを放置すると汚れが溜まりやすく、治療もやりにくくなってしまいます。口内を清潔に保つためにも抜歯した方がいいでしょう。汚れが溜まりにくくなるため、虫歯や歯周病、さらには口臭の予防にもなります。

歯並びに悪影響がある場合

親知らずが生えるスペースがない場合、手前の歯を押して生えてくるため歯並びが崩れてしまいます。さらに、スペースがないとまっすぐ生えることができないため、横向きに生えてしまう可能性があります。近年の日本人は顎が小さくなっていく傾向があるため、将来的に歯並びを理由に親知らずを抜歯する人が増えるかもしれません。
歯並びが悪くなると、かみ合わせにも悪影響があります。かみ合わせがずれると、食事の際に不便になることがありますが、ひどくなると顎関節症となり、顎の痛みや肩こり、頭痛などが起こる可能性があります。そうなると食事のときのみならず日常生活にも悪影響を及ぼしかねません。さらに歯並びを矯正する必要があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る